新型肺炎コロナウイルス対策2「ちょっと待って!抗生物質」

前回は、新型肺炎コロナウイルス対策で「コーヒーと免疫力の関係」についてお話ししましたね。
重症化しないためには免疫力を高めること、そしてコーヒーはその効果を高めることをお話ししました。

今回も引き続き「新型肺炎コロナウィルス対策(その2)」についてお話ししたいと思います。

その抗生物質、ちょっと待って!

ニュースを読んでいたとき、新型肺炎コロナウイルス患者の治療をしていた医師の話で
「抗生物質を投与していたが、さらに重症化し・・・」というものがありました。

まず最初に、
「新型肺炎のコロナウイルスに、抗生物質は効きません。」
抗生物質は細菌を殺すのであって、ウイルスは殺さないからです。

効かないだけならまだ良いのですが・・・
むしろ逆効果の恐れがあります。

前回お話ししましたが、人間を病気から守る免疫細胞の7割は腸に集まっていて、腸内フローラを良好に保つことで免疫力を発揮できます。
しかし抗生物質を使いすぎると、関係のない腸内細菌を殺す影響で腸内フローラのバランスが崩れる危険もあるのです。

新型肺炎を治す安全な特効薬やワクチンは(2020年3月5日現在)まだありません。
もし新型肺炎が「重症化」した場合」は、

(1)有効な治療法はなく、酸素投与、点滴などの支持療法を徹底的に行う
(2)免疫力で回復

・・・です。
つまり病院に入院しても、最終的には自分の免疫力で回復するしかありません。

だから、「ちょっと風邪気味だな。前に病院でもらった抗生物質が残ってるから飲んでおこう。」というように 自己判断で飲まないようにくれぐれもお気を付け下さい。

風邪もウイルスによるものが殆どなので・・・・「抗生物質は風邪には効きません!」
細菌性の肺炎にも、予防の効果は無いので・・・「抗生物質は肺炎予防にはなりません!」

抗生物質が有効な肺炎の種類は?

一方細菌性肺炎や、マイコプラズマなどによる非定型肺炎には、抗生物質が有効です。
そのため、原因となっている病原体(細菌やウイルスなど)が何なのかを見極めることがとても大事です。

またコロナウイルスによる肺炎でも、冒頭でお話ししましたように「抗生物質で治療」も、 「肺炎が重症化した場合」に限り、ありえます。つまり、

(1)コロナウイルスの攻撃で肺炎になってしまい、
(2)さらに「細菌も攻撃して肺炎が重症化した場合」に、
その「細菌の種類に応じて抗生物質を選んで」投与します。

決して予防として投与するわけではなく、医師の判断のもと種類を選んで投与されます。

新型肺炎コロナウイルスに負けない対策

しかし現時点では、精度の高い検査方法が確立されていませんし、すぐに検査を受けられる訳でもありません。
肺炎になってもコロナウイルスによるものか、細菌性か、判断が難しいです。
そのため、とにかく・・・

(1)予防につとめる(とくに免疫力の低い高齢者・持病のある方など)
(2)免疫力を高める(コロナウイルス対策の実践、コーヒーも積極的に飲みましょう!
(3)風邪薬代わりに自己判断で抗生物質を飲まない(腸内フローラを大切に!)

ことが大事かと思います。
かつては、風邪の重症化を防ぐためという理由で、または肺炎予防という理由で、抗生物質を処方する医師も多かったようです。
でも、今は違います。
「風邪やインフルエンザには効かない」、
「自己判断では飲まない」ことを、よく覚えておいて下さい。

もちろん、やみくもに抗生物質を否定している訳ではありません。
持病や術後の感染症を防ぐ等のために、抗生物質が必要な場合もありますね。
たとえば感染症がきっかけとなって起きる「敗血症」は、命に関わる病気ですので絶対に防がなくてはなりません。
ということで、抗生物質を飲む場合は医師の指示に従い、決められた期間にしっかり飲むようにしましょう。

店長の考察

高齢の母のことが心配で色々と調べているうちに、その内容を皆さまにもお知らせしたくなりました。
当の本人はケロッとしていて、よくマスクも付け忘れていますが。

コロナウイルスについては確定した情報が少なく、
 現在世界保健機関(WHO)がパンデミックではないと強調しながらも、世界各国の首脳陣が相当慌てているので、実はまずいのでは?
・・・という不安も確かにあります。

でも、心配しすぎてもストレスになりますね。心配で寝不足になったら、免疫力も下がってしまいますし。

ということで、仮にかかっても軽症(できれば無症状)で済むように、免疫力アップを目指して日々できることから始めましょう!

2020年4月14日追記
イブプロフェンなどの抗炎症薬の服用は症状を悪化させる可能性がある」という説もあります。イブプロフェンは解熱鎮痛剤の主剤ですね。
発熱時の安易な解熱剤の使用は身体を守る免疫反応を抑えてしまい、かえって症状を悪化させてしまう可能性があります。まず、十分な休養と栄養、水分の摂取、そして寒気が強い場合は体を温めること、熱が出てきたら腋(わき)の下や首の後ろを冷やすことなどが大切です。
比較的安全に使える解熱剤はアセトアミノフェンという成分だそうです。
自己判断での薬の服用には、くれぐれもご注意下さい。

<参考リンク>
新型肺炎コロナウイルス対策1「コーヒーと免疫力」
新型肺炎コロナウイルス対策3「感染後の発症を防ぐ」

新型肺炎コロナウイルス対策4「重症化を防ぐ」
新型肺炎コロナウイルスでマスクが必要な理由

きまめや
生豆屋(きまめや)