新型コロナ対策でマスクをする理由

デスクの横にヨッシーが居たので・・・

「マスク不要」と言う方もいるようですが、私は違うと思っています。
その理由と、ハンカチで作れる簡単なマスクの作り方の動画(縫わなくて済むもの)をご紹介したいと思います。

マスクをお勧めする理由

1)感染予防ため。
2)感染後の重症化予防のため。
湿度50%、気温23度以上でコロナウイルスを抑えることができるという研究結果があり、重症化を防ぐために役立つ可能性があります。
ちなみにマスク着用時の湿度は「95%」。十分な高湿度ですね。
3)重症化しやすい人に移さないため。
重症化しやすい方々が、少しでも感染を遅らせることがえきるように、免疫力の高い(若くて健康な)人達もぜひマスクを付けましょう。
もし十分な人工呼吸器などの設備や薬・ワクチンが用意される前に重症の人が爆発的に増えたら、医療崩壊を起こしてしまいます。
できるだけ沢山の命を救えるように、一緒に気をつけていきましょう。

重症化しやすい人は、高齢の方・基礎疾患のある方(免疫力が低下しているため)、そしてタバコを吸う方も要注意だそうです。
そいうえば若い頃ヘビースモーカーだった父も、最期は肺炎で亡くなりました・・・。
いまタバコを吸っているそこのあなた、これを機にちょっと考え直してみませんか?(大きなお世話ですみません)

ちなみに私は高齢の母に、外出時は必ずマスクを付けるようにお願いしています。家の中でも付けて欲しいのですが、そうもいかないようなので加湿器をプレゼントしました。
あとは暖房しっかり使って!と、あれこれうるさい娘です。
どうしても長生きして欲しいので・・・。

私自身は、1月下旬の時点で腹をくくっていました。
だから今、全然焦っていません。ただ淡々とやるべきことをやるだけです。
とりあえず感染力がとても強いことが分かっているので、近い将来自分自身が感染することを前提に考えていきましょう。

新型コロナに感染したかも?と思ったら

当然ですが、重症の時はすぐに医療機関へ。
それほどでもないけど、風邪気味のようなだるいような。そんな時は・・・

1)自分が重症化しないように免疫力を高く保ち(一番大事!)不要不急の外出を控えて、休む
2)重症化する可能性が高い人(高齢者・基礎疾患のある方)に移さないようにする(医療崩壊を防ぐ)。

新型コロナウイルスは、高温多湿に弱く、さらに紫外線にも弱いそうです。
そのため、これから夏に向かって収束してくれるかも知れません。
不要不急の外出を防ぐ、と書きましたが、免疫力を高めるビタミンDを得るためにも適度な日光浴は、個人的には強くお勧めします。

もう、どこが感染源か、天然ウイルスか人工ウイルスか、そういうことを言っている場合ではありません。
パニックになっている場合でもありません。

自分が感染した時にどうするかを、一緒に考えましょう。
いま何をすべきか?どう行動すべきか?が、自然と分かってくるかと思います。
もしまだ心配でどうして良いか分からない方がいたら、こちらもご覧下さい。

<参考リンク>
新型肺炎コロナウイルス対策1「コーヒーと免疫力」
新型肺炎コロナウイルス対策2「ちょっと待って抗生物質」
新型肺炎コロナウイルス対策3「感染後発症を避けるには」

簡単!マスクの作り方・おすすめ動画

インターネット上で探して、これなら私も作れるかも?と思った動画を紹介します。どちらも縫わなくて済むのが良いですね。

きまめや
生豆屋(きまめや)